ギタリストのための音作りbot(@gt_sound_making)の中の人のブログ。ギターのバンドの中での音作りに関することやバンド全体での音作りやおすすめの機材紹介などの記事を書きます。中の人はバンドでギターを弾きつつPAとしてライブハウスで働いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MCがうまいバンドは売れる?

MCというのは言わずもがなですが非常に大事なものでMCでバンドのイメージは8割方決まると個人的には思っているほどです。
例えば今までにかっこいいバンドだったのにMCが高校生の文化祭ノリで萎えてしまったり、逆にまぁ普通かな。くらいに思ってたバンドがMCはさんだ瞬間に光輝いて見えたことってありませんか?
どちらのパターンも自分は数えきれないほど体感したことがあります。
つまりMC次第で実力以上にかっこ悪く見えることもあれば実力以上にかっこよく見えることもあるってことです。
というかむしろメジャー行きへのプレゼンライブなんかでMCの弱いバンドなんかだと、ボーカルのキャラが弱いね、ボーカルは切って楽器隊にこっちでボーカルあてがうからそれでデビューしない?なんて案を出されたなんて話も良く聞くほどです。
もちろん逆パターンでボーカルだけ引き抜きってこともよくあります。
(もちろんMCに限らず歌唱力であったりの要素も大きいですがそれと同様にMCの力は重要視されるのです。)

さてここまでの話でMCの重要性は理解できたでしょうか?
じゃあ良いMCってなんなんだよってところに入っていきましょうか。
とはいったものの良いMCなんてものは人それぞれ、バンドそれぞれです。
たとえばMCが面白いことがウリになっているバンドと世界観で押していくバンドに対して同じアドバイスはできません。
むしろMCはこうしとけばいいなんて言っている阿呆がいたら失笑ものです。(残念ながらネット上を漂う情報にはそういった類のものが溢れかえってしまっているのですが)

ただこれだけではMCは大事だよというだけの意味のない記事になってしまいますのでMCをする中で避けるべき点を挙げましょう。

①え~っと

これすごくたくさんいるんです。
え~っと とか あの~ とか口癖で言っちゃう人。
しかもそういった癖がある人の大半は無自覚。
メンバーがこういうMCをしていたら指摘してあげましょう。
自分がそういうMCしていないか不安な人はライブを録音しましょう。

とにかく言いそうになったら飲み込む、我慢する。これを徹底しましょう。
こういったことを言ってしまう人は喋る時の間を埋めようとして無意味な音を出してしまうのですがこの間を埋めるという行為自体がナンセンスです。
ステージに立つ発信者である人はその言葉を聴衆に届けなければなりません。
時には聴衆にあなたの言ったことをかみ砕く時間が必要でしょう。
その間をえ~っとという言葉をなくすことによって作ることができる。
これだけで言葉の伝わり方が全く違う。
そして同じことを言っても説得力が全く違う。
あの~だとか言っていると自信がなさそうに喋っているように聞こえてしまう。

②全然練習できてないんです

知るかボケ!じゃあライブやらずに帰れ!
お客さんはチケット代を払ってライブを見に来ています。
あなたは飲食店に行って料理を頼んだ時に、今日仕込みができてなくてダシ取れてないんですよこれと言われて出された料理を食べたいですか?しかも定価で。
そういったレベルのことをしているという自覚を持ってください。

これに限らずお客さんが見る価値がないなと思ってしまうことを言うのはご法度です。
(ちなみにそのハコのスタッフを不快にさせないようにするということも同時に意識したほうがいいでしょう。)

③マイクから離れて喋る

正直これ自体は悪いことではない。
ただハコの大きさに合わせて意識しなくてはいけない。
キャパが500人ぐらいのところだとマイクから離れて喋った声は聞こえずらいし、逆に100人規模なら声を少し張れば聞こえる。
どれくらいの自分の声がどれくらいの人に届くのかということを意識しないMCはしないようにしましょう。

④KY

ある意味一番難しい点。
空気を読む必要があるということがかなり重要。
あえて空気を読まずにぶち壊すバンドもいるがそれもかっこよく見せるにはそれ相応の経験が必要。
というか空気が読めないとかっこよくその空気をぶち壊せない。

とにかく意識しなくてはいけないのがその日一日のライブの流れだ。
その日にできているお客さんの中に共有された空気感、雰囲気、エアーを察知する能力が必要だ。
しかしこの能力は一朝一夕では身につけられるものではない。
しかしそういった流れを意識し始めることによってわかるようになっていくものである。(この能力はMCをする人に限らずバンドメンバー全員が持っているべきだろう。どういうステージングをすればうけるか、また場合によってはセトリ変えたほうがいいだろうとなったりすることもある。)
また当たり前だがこれを察知するには対バンの演奏を見ていないといけない。
対バンを見ないバンドは吸収できるものもできないということは肝に銘じておくべきだろう。



というわけで今回はMCの話でした。
MCは非常に難しいものなのでたくさんのバンドを見て色々吸収してみてください。

ライブの運び方の話

ライブで強いバンドというのはそれなりのライブを引っ張る力がある。
それは簡単には手に入れられるものではないがちょっとしたやり方を知っているだけでうまくできたりする。

とはいったもののライブってのは難しいもので、バンドのジャンルやスタイルによって正しいが変化するし一般的には正しいとはあまり言えないものがあのバンドだから許される(それがむしろバンド特有の空気になったりする)というものも多々あるため一概には言えません。
そのためあくまで一般論として言えること。
その手法を選択するかは別として意識する材料にすべきことを書いていきたいと思います。

①曲を繋げる

まず一つ目の点はこちら。
曲を繋げるということ。
つまりは曲ごと毎回区切ってMCをしたりなんかしているとせっかくボルテージの上がってきたお客さんのテンションがその度に切れてしまう。
そのためお客さんのテンションを保つためにも曲をある程度続けるというのは必要だ。

なんだ、そんな当たり前のことしか書かないのかと思った人もいるかと思いますがもちろんよりしっかりしたことを書いていきますよ。

そして重要なのは繋げ方だ。ただ一曲が終わったからそのまま次の曲のカウントに入ってというのでは芸がない。
そしてただ芸がないだけでなく唐突な変化にお客さんが面を食らうこともある。
それを意図してやるという場面も必要だがそうでない場合はナチュラルに繋いでいきたい。

例えば曲の最後をダラダン。ジャーン!!!としめてそこからすぐにドラムだけがアップテンポのビートを打ち鳴らす、その間にフロント側のメンバーが解放弦をジャラーと鳴らし客を煽る。そして頃合いを見てバンドインという寸法だ。
こういった繋ぎ方は激し目なバンドによく見られる手法だ。

しかしこれに関しては文章での説明が難しいことなのでこの点を意識してほかのバンドなどを見て勉強すべきだ。

②無音を作る

さて今度は真逆のパターン。
無音の瞬間をしっかりと作るということ。
これはお客さんの意識をグッと自分たちに向けさせることができる手法だ。

曲と曲の間でも使えるしライブを始める前にも使える。
曲と曲の間であればMCをするか思うタイミングでなにもしゃべらずに堂々として、いつ何を始めるの?と引き寄せたりMCが終わってから曲に入るまでたっぷり時間をとったり。
また会場BGMが切れ、幕が上がってくるがなかなかバンドが音を出さない。客席全体が静まり返ったところで音を打ち鳴らす。
そこから曲に入ると一気に客席全体を自分たちの世界に巻き込むことができる。

しかしこの無音を作るというのは諸刃の刃でもある。
バンド側がその無音に動揺した仕草を見せたり落ち着かない様子を見せるとたちまちお客さんの集中の糸が切れてしまう。

また無音に耐え切れずに焦って音を出してしまうのも良くない。
そういった焦った様子は結構簡単にばれるし、中途半端な長さで間を取ると入り損ねて仕切り直したように見えてしまうからだ。
長すぎるんじゃないか?と思うぐらいわざとらしく間を取ってしまって大丈夫だ。

大事なことは堂々としてたっぷり間を取るということだ。

こういったことを意識して色々なバンドのライブを見て勉強して自分たち独自のスタイルを作っていきましょう。
お客さんの状況が把握できるようになってくるとよりやすくなってきます。
そのステップの話はまた今度。

バンドってどう始めたらいいの!?


すでに音楽活動に慣れ親しんでいる人からするとそんな疑問があるのかと思ってしまうようなことなのですがこういった疑問を持っている人って少なからずいるんですよね。

先日友人にバンドってどう始めたらいいのと聞かれて答えに困ってしまいました。

自分は中学生の時にギターを始めて高校で入った軽音楽部で先輩とバンドを組んでそのバンドで先輩のつてでライブに誘ってもらいライブをするようになってそこからのつながりでまたライブに誘ってもらうというようなサイクルの中で活動が始まったためコネがなく自分の意志で始めようとなった時にどうすればいいかがわからなかったのです。





自分はそんな折にお世話になっていたライブハウスで働くことになりまして今では裏方側の事情もそれなりに分かっています。

なので自分はあくまでライブハウスよりの人間ではありますがその立場からこの場をお借りしてその質問への回答をさせていただきたいと思います。



STEP1 バンドを組もう!

そもそもの問題でありなかなかの難題であるのがバンドを組むということです。

たしかにこれがなかなか難しいのです。

まず楽器初心者の人は自分を求めらてくれるバンドを見つけられることはほぼないでしょう。

インターネットのメンバー募集サイトなんかでも初心者お断りという文言付きの募集が多いです。

なかには初心者歓迎!楽しくバンド活動しよう!なんてものもあります。そういったものをうまく見つけられるといいように思えます。

また女性は気をつけてほしいのですがメンバー募集と称して出会い目的だったりすることがあるようなのでそういったことも頭の隅に置いておきましょう。

しかしながらネットのメン募ではなかなかバンドがうまくくめなかったりもします。

もし自分が初心者なら仲のいい友達に楽器をやらせてメンバーにしちゃった方が早いかもしれません。



STEP2 曲を決めよう!

さて無事メンバーが決まってパートも決まったら練習を始めましょう。

いきなりオリジナル楽曲をというのは天才でもなきゃ無理に等しいのでまずはバンドで何か曲をコピーしてみましょう。

曲は何でもいいです。

できるならメンバー全員が好きな曲が好ましいでしょう。好きな曲な方がやる気が出ます。

ただ、難しすぎる曲だと練習してもしても出来なくていやになってきてしまいますので難しい曲を選ばないようにした方がいいです。

といっても初心者にこの曲は難しい、簡単だといった判断をつけるのも難しいと思いますのでどんなに練習しても無理ならその曲はさっぱりあきらめるといいでしょう!

でもあんまり簡単にあきらめてしまうと本来なら練習していればできた曲もできなくなってしまいます。なのであきらめるという意味の中には簡単にして弾いてみるというあきらめも加えて考えてみましょう!ここを端折って演奏すれば自分にもできるといった具合に!

ちなみにボーカルのキーはあまり無理のないものにした方がいいです。ボーカルは1日中頑張って練習したからと言っていきなり歌えるようになるものではありませんので。

曲の楽譜はあまりマイナーすぎなければ楽器屋さんの楽譜コーナーやネットなどで販売されています。



バンド名や曲名 バンドスコアで検索してみましょう。

そして楽譜を手に入れたらまずメンバーそれぞれが家で練習してきましょう。(ドラムは家で練習するのは難しいかもしれませんので次の項目を見て下さい)

曲に合わせて弾けるように練習します。

たぶん最初は大変です。でもどんどん曲が弾けるようになっていく過程は楽しいものです。



STEP3 スタジオに入ろう!



さて個々人が練習をしてきたらみんなであわせて練習してみましょう!

まずどこで練習すればいいのかとなると思うのですが練習スタジオを近場でインターネットなどを使って探してみましょう。

最初はとりあえず練習できればどこでもいいです。

安いからとか家から近いからとかそんな理由で構わないです。

ドラマーなんかは家で練習できないので一人でスタジオに行って練習することになります。

大体どこのスタジオにも個人練習料金と言って一人や二人だとバンドで入るよりも安くなる制度があります。

自分がバンドを始めたばかりのころはスタジオと言われてテレビなんかに出てくるレコーディングスタジオみたいなものを想像しましたがそういったものではないのでがっかりしないように。

バンドでしっかり演奏できるように練習していきましょう。



STEP4 ライブをしよう!



実際ここが一番大きなハードルだったりします。

ライブをしてみたいけどどうしたらいいかわからないよってバンド実際多いと思います。

たまたまライブへの出演を誘ってくれる友人がいればいいですがそんなこともなかなかありません。

ではどうすればいいでしょうか。

近くのライブハウスに直電話してみましょう。

よほど敷居の高いライブハウスでなければコピーバンドだからと言って拒まれることは今のご時世ないでしょう。

そう、それだけ今ライブハウスは大変なのですがそれはまぁ置いておきましょう。

HPなどには音源とともになどと書いてあるところが多いですが実際電話して直接話すアポでも取ってしまえば音源は要らないことが多いです。

そしてどこのライブハウスに出るかという問題ですがこういった判断は出てみないとわかりません。

自分たちがどういったスタンスでバンドをやっていて(プロ志向なのか趣味なのかなど)といった話に合わせた対応をしてくれるライブハウスを選びましょう。

たとえばプロ志向であればちゃんとしたアドバイスをくれるところ(お世辞ばっかで次のライブの予定を早く決めさせようとしてくるライブハウスも多いです)であったり、趣味バンドであれば同じようなスタンスのバンドが集まるライブを紹介してくれたりというところを見ていくとよいでしょう。

合わないと思ったらほかのライブハウスに行きましょう!

色々巡って合うと思ったライブハウスのブッカーさんが後は面倒を見てくれます!

少し活動のペースがつかめてくれば自分たちで活動の選択肢をとれるようになってくるでしょう!

それまでがんばれ!!



わかってないと6桁の弁償も?!アンプとキャビの正しい繋ぎかた

たまにスタジオに入った時などにギターアンプのキャビネット(スピーカー部分)からの出音がおかしい、片側しか鳴っていないという時が多々あります。

こういった時はアンプとスピーカーの接続の仕方が間違っていることが多いです。

もし自分が使用中に故障してしまった場合弁償といったことになってしまうこともあるので正しい繋ぎかたを理解しておきましょう。

まず基本的なマーシャルJCM900とJCM2000との繋ぎ方についてですが【アンプ側が左、スピーカー側が右】と覚えている人が多いと思います。


20150831064358.jpg

JCM2000との接続の例

これで半分正解なのですが時折キャビ側についているつまみがSTEREO側になっている場合があります。【MONO側が正しい位置です】

そうなってしまっていると片側のスピーカーからしか音が出ないうえに抵抗値に問題ありな状態になってしまいます(詳しくは後述)。

これが間違っている場合過剰な発熱、アンプの故障につながります。

20150831064415.jpg


スタジオによってはこんな風に4Ω側が塞がれていたりします笑

人によってはこうなっていると困ります!(この理由も後述)



どうしてそうなのか、またどうしてそのつまみが変わっていることがあるのか(どういった人がそこの設定をいじるのか)を以下に書きます。

まず、その説明に必要なものとしてオームΩで表わされるインピーダンスというものがあります。

ざっくり抵抗値のことだと思ってくれていればOKです。

上の画像でもそれぞれのジャックのところに16Ω、8Ω、4Ωとあります。それのことです。

電子機器やオーディオ機器などすべての電気信号の入出力には必ずインピーダンスが存在します。

信号を出す側(アンプ等)には出力インピーダンス、受ける側(キャビネット等)には入力インピーダンスがあります。

基本的には入力インピーダンスは出力インピーダンスを下回ってはいけません。

つまり入力インピーダンス≧出力インピーダンスとなるということです。

そしてここが重要なのですがギターアンプ(正確に言うと真空管アンプ)の場合表示されているインピーダンスと一致したアンプ、キャビネットを使わないとそれだけで故障の原因になります。

ギターアンプは入力インピーダンス=出力インピーダンスでないといけないのです。

つまりアンプ側のΩ数とキャビネット側のΩ数が一致していないといけません。

なのでアンプの16Ωとキャビネットの16Ω(MONO)を繋ぐのです。

つまみがSTEREO側になっていると入力インピーダンスの数値が変化しますのでそこをよく注意してもらいです。

またなぜSTEREO側になっていることがあるかというとラックエフェクターなどはステレオ出力の物が多くあるからです。

しかしSTEREOになっていると通常の使用の仕方をする場合故障につながるのでよくチェックしましょう。



ということでインピーダンスなどといった話になるとそれだけで拒絶反応を起こしてしまう方もいるのでかなりかみ砕いて書きました。

また今度さらに詳しく書かせていただきます。

ギターのノイズの消し方

みなさんこんにちは、またらんです。

さて今日はノイズのお話です。

ギターを弾いていないときアンプから サー って音がずっと鳴っていませんか?
もしくは曲中のブレイクで休符を挟む瞬間に" ピー" ってハウったり

それに関する話をさせていただきましょう。
特にシングルコイルのギターを使ってる方は悩んでいる方多いのではないでしょうか?




そんなみんなが悩んでいるノイズを消す方法を書いていきますね。

①ゲインを下げる

まず歪ませすぎは代表的なノイズの原因です。
歪ませすぎるのは一部の極端にノイジーな音を必要とするジャンル(ブラックメタルやノイズミュージック等)以外では好ましくありませんので適度に歪ませるようにしましょう。
歪ませすぎると音も細くなってしまいます。

②音量を下げる

単純な話ですがアンプの音量が大きいとノイズも大きくなりますしハウりやすくなります。
音量も適度にしましょう。

③EQを整える

EQを極端に設定している場合もノイズが目立ちやすくハウりやすくなります。
特に低音域、高音域を強く出すとハウりやすくなります。
高音域はノイズが目立ちます。

④シールドを変える

シールドによってもノイズが大きく変わります。
低価格帯のシールドにはノイズがひどく乗りやすいものがあります。
また音も細くなるものが多いです。
ノイズを軽減する設計のシールドもありますのでそれに変えてみましょう。
また使うシールドが長ければ長いほどノイズが乗りやすくなります

⑤その他配線を変える

他にもパッチケーブル等が原因の場合もあります。
上記のシールドの長さと同様にエフェクターを多く繋ぎ過ぎてもノイズが乗りやすくなります。
またエフェクターの電源が原因でノイズが乗る場合もあります。
電源を取る場所やアダプターを変えてみましょう。

⑥ピックアップを変える

ピックアップによってはノイズが乗りやすいものがあります。
シングルコイルタイプはハムバッカータイプに比べてノイズが乗りやすいです。
シングルコイルでもノイズ対策のされたものが出ていますのでそれに変えてみるのも一つの手でしょう。
またピックアップ以外のギター内部の配線を変えることによってもノイズが軽減される場合があります。

⑦歪みを切る

結構根本的なところだったりします。
歪ませていなければノイズはほぼ出ません。
つまりMC中など弾かないのであればそもそも歪みエフェクターを切ってしまえばいいのです。


⑧コンプを弱める

コンプレッサーを使っている場合です。
コンプレッサーは音量を均質にするエフェクターですのでノイズが乗っている場合ノイズも大きく出てしまいます。(具体的に言うとちょっと違うのですがそれはまたの機会に)
なのでコンプを弱めるなり使わなければノイズが目立たなくなったりします。
また歪んでる状態というのは実は自然にコンプがかかってる状態ですのでそもそもあまり意味がないかなと...
(歪みの後にコンプをかけていることを前提にこちらの記事を書いています)

またマルチエフェクターを使っている人に多いのですがコンプのほかにリバーブやらいろいろかけている人がいますがそういったこともノイズの原因になります。
基本は無駄なエフェクトはかけない。

⑨ノイズゲートなどのエフェクターを使う

さてこれは最終手段。
どうしてもノイズが消えないという場合にはエフェクターを使って消してしまいましょう
ただゲートをかけると伸ばした音が不自然に消えたりすることもありますのでご注意を。
ただ①~⑧をしっかりやっていればそこまで極端なノイズは出ないのでここまでのことをする必要はないかと思います。
多少ノイズが鳴るにしても弾いてる瞬間は聞こえないのだから神経質になりすぎる必要はなし!!

スポンサードリンク

Copyright © ギタリストのための音作りブログ All Rights Reserved.
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。