ライブの運び方の話など、ギタリストのための音作りbot(@gt_sound_making)の中の人のブログ。ギターのバンドの中での音作りに関することやバンド全体での音作りやおすすめの機材紹介などの記事を書きます。中の人はバンドでギターを弾きつつPAとしてライブハウスで働いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

ライブの運び方の話

ライブで強いバンドというのはそれなりのライブを引っ張る力がある。
それは簡単には手に入れられるものではないがちょっとしたやり方を知っているだけでうまくできたりする。

とはいったもののライブってのは難しいもので、バンドのジャンルやスタイルによって正しいが変化するし一般的には正しいとはあまり言えないものがあのバンドだから許される(それがむしろバンド特有の空気になったりする)というものも多々あるため一概には言えません。
そのためあくまで一般論として言えること。
その手法を選択するかは別として意識する材料にすべきことを書いていきたいと思います。

①曲を繋げる

まず一つ目の点はこちら。
曲を繋げるということ。
つまりは曲ごと毎回区切ってMCをしたりなんかしているとせっかくボルテージの上がってきたお客さんのテンションがその度に切れてしまう。
そのためお客さんのテンションを保つためにも曲をある程度続けるというのは必要だ。

なんだ、そんな当たり前のことしか書かないのかと思った人もいるかと思いますがもちろんよりしっかりしたことを書いていきますよ。

そして重要なのは繋げ方だ。ただ一曲が終わったからそのまま次の曲のカウントに入ってというのでは芸がない。
そしてただ芸がないだけでなく唐突な変化にお客さんが面を食らうこともある。
それを意図してやるという場面も必要だがそうでない場合はナチュラルに繋いでいきたい。

例えば曲の最後をダラダン。ジャーン!!!としめてそこからすぐにドラムだけがアップテンポのビートを打ち鳴らす、その間にフロント側のメンバーが解放弦をジャラーと鳴らし客を煽る。そして頃合いを見てバンドインという寸法だ。
こういった繋ぎ方は激し目なバンドによく見られる手法だ。

しかしこれに関しては文章での説明が難しいことなのでこの点を意識してほかのバンドなどを見て勉強すべきだ。

②無音を作る

さて今度は真逆のパターン。
無音の瞬間をしっかりと作るということ。
これはお客さんの意識をグッと自分たちに向けさせることができる手法だ。

曲と曲の間でも使えるしライブを始める前にも使える。
曲と曲の間であればMCをするか思うタイミングでなにもしゃべらずに堂々として、いつ何を始めるの?と引き寄せたりMCが終わってから曲に入るまでたっぷり時間をとったり。
また会場BGMが切れ、幕が上がってくるがなかなかバンドが音を出さない。客席全体が静まり返ったところで音を打ち鳴らす。
そこから曲に入ると一気に客席全体を自分たちの世界に巻き込むことができる。

しかしこの無音を作るというのは諸刃の刃でもある。
バンド側がその無音に動揺した仕草を見せたり落ち着かない様子を見せるとたちまちお客さんの集中の糸が切れてしまう。

また無音に耐え切れずに焦って音を出してしまうのも良くない。
そういった焦った様子は結構簡単にばれるし、中途半端な長さで間を取ると入り損ねて仕切り直したように見えてしまうからだ。
長すぎるんじゃないか?と思うぐらいわざとらしく間を取ってしまって大丈夫だ。

大事なことは堂々としてたっぷり間を取るということだ。

こういったことを意識して色々なバンドのライブを見て勉強して自分たち独自のスタイルを作っていきましょう。
お客さんの状況が把握できるようになってくるとよりやすくなってきます。
そのステップの話はまた今度。
TOP他バンド関係ライブの運び方の話

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://guitarsoundmaking.blog.fc2.com/tb.php/38-caccc5a7
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © ギタリストのための音作りブログ All Rights Reserved.
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。