エレキギターで太い音をだすにはなど、ギタリストのための音作りbot(@gt_sound_making)の中の人のブログ。ギターのバンドの中での音作りに関することやバンド全体での音作りやおすすめの機材紹介などの記事を書きます。中の人はバンドでギターを弾きつつPAとしてライブハウスで働いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

エレキギターで太い音をだすには

こんにちは、またらんです。

さてギターで太い音というとどのような音を想像するでしょうか。
おそらく多くの場合厚みがあってパンチがある音のことだと思います。

そして太い音を求めるプレイヤーはメタルやメロコアなんかのラウドよりなバンドが多いのではないでしょうか?
そのような音楽の音作りをする際に気を付けなければいけないことをちょっと書かせていただきます。

まずは1つめ
厚みのある音を出そうとしてひたすらに低音を出そうとしていませんか?
太い音を出すにはまず音がこもってはいけません。
厚みを出すために低音も重要な要素ですが低音ばかり出してしまうとこもった音になってしまいます。
そうすると音が前に飛んでこない(低音は広がってしまいやすく低音域に行けばいくほど人の耳に届きにくくなります)。
またベースの音とかぶって互いに打ち消しあってしまいます。
(この点に関してはこちらの記事でより詳しく→音圧のあるバンドってどんなバンドか説明できますか?
ある程度適度にローを捌いてミドルやハイを出すようにしましょう。


そして2つめ
とにかく歪ませまくってやいませんか?
これもやっちゃいけないポイント。
歪ませれば歪ませる音は細くなりやすくなります。
歪ませていくほどに音の芯はなくなっていってしまいます。
芯がなくなるとペラペラの音になってしまいます。
できるだけ最低限の歪みで済ます。(ジャンルによっては歪ませる方が重要な場合もあります。)
あとはアンプでクリーンの音をちゃんとした設定で作ること。
これに関してはこちらの記事をご参考に。
詳しく書いてあります。カッティングの音作りに対する回答ですがカッティングに限らずすべての音作りに対していえることを書いてあります。
クリーンの音作りがちゃんとできなきゃ高いギターやペダルを使う意味はない


というわけでこれさえできればある程度太い音は出るはず!
というわけで何か質問などあればお気軽に。
TOP音作りのコツエレキギターで太い音をだすには

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://guitarsoundmaking.blog.fc2.com/tb.php/24-aab3b0dc
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © ギタリストのための音作りブログ All Rights Reserved.
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。