続ドラマーのための音作りなど、ギタリストのための音作りbot(@gt_sound_making)の中の人のブログ。ギターのバンドの中での音作りに関することやバンド全体での音作りやおすすめの機材紹介などの記事を書きます。中の人はバンドでギターを弾きつつPAとしてライブハウスで働いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

続ドラマーのための音作り

さて、なぜかまたもやドラマーに向けて書きます(笑)
ギタリストのみなさんは怒らないでください。
他の楽器のことも知っているってのは大事なことですから。

さてちょっと叩けるドラマーのみなさんは前回の記事で疑問に思ったことはありませんか?
ドラムの音作りと言ったらこれだろってものが抜けている気がしませんでしたか?
今回はそれについて書きます。

さてみなさんその正体はわかりましたか?


そう、チューニングです。


みなさん色々な音の好みがあるでしょう。
意外とドラマー以外にはわかってもらえなっかたりするものかもしれませんが。

で、このチューニングに関して、ライブハウスでリハの前や転換時にその好みの太鼓の音にしようとしたり、こっちの方が鳴りがいいからといじる人って結構いますよね?
これってNGなんですよ。

なんでかっていうと理由は二つあります。

ひとつは生音で気持ちいい音とスピーカーを通して気持ちいい音は違うという理由

もうひとつはもともとのチューニングの状態に合わせてPA卓で音作りがされているからです。

もちろん先にリハーサルをやったバンドはその前の状態でリハーサルをやっているから音も変わってしまいます。
他のバンドに対する配慮という点でもチューニングは安易にいじるものではないですね。

あとはそのチューニングをいじる人の耳が信頼できるものかわからないことも多いというのがPA的な不安要素でもあります。
まぁこの人がやればひどいことにはならないだろうという人ならまだしもチューニングをぐちゃぐちゃにされると困ってしまいます。
本番中にMCに割って入ってチューニングを直しに行くわけにもいきませんからね。

もしタム類のチューニングをいじるならPAにいじっていいか確認すること。
バスドラはタム類以上に難しいのでいじらないこと。
低音は上の音域に影響を及ぼすのでバスドラの音がめちゃくちゃになるとバンド全体の音がめちゃくちゃになります。

バスドラの音に関しては固くしたりはPA卓でいじれますんでそっちにまかせましょう。
もし音に要望があればPAに伝えること。
あとバスドラに関しては思い出したことを一つ。
バスドラとタムやスネアが触れないようにしましょう。
そうすると振動が他の太鼓に伝わって音が無駄に伸びてしまいます。

とりあえずドラマーはこれらのことに気を付けましょう。
TOP音作りのコツ続ドラマーのための音作り

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://guitarsoundmaking.blog.fc2.com/tb.php/19-b86c06e7
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © ギタリストのための音作りブログ All Rights Reserved.
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。