クリーンの音作りがちゃんとできなきゃ高いギターやペダルを使う意味はないなど、ギタリストのための音作りbot(@gt_sound_making)の中の人のブログ。ギターのバンドの中での音作りに関することやバンド全体での音作りやおすすめの機材紹介などの記事を書きます。中の人はバンドでギターを弾きつつPAとしてライブハウスで働いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

クリーンの音作りがちゃんとできなきゃ高いギターやペダルを使う意味はない

さてコメントにて質問がありましたのでそちら解決させていただきます!

クリーンでカッティングの音がカッコ良く聞こえるためには、マーシャルのアンプをどのように設定したらいいでしょうか、自分でもイマイチコツがつかめません。
by音作り初心者さん

どんなギターやエフェクターを使っているのかがわかりませんので簡単にこうつまみを設定すれば良いとは言えないのですがマーシャルに限らずどのアンプでも応用できるようにクリーンの音作りのコツを解説させていただきます!
ちなみに他サイトでつまみをこう設定すればいいなんて書いてあるものをみたことがありますがあんなもん信用しちゃいけません。ある程度の参考にはなりますが(中にはこんな設定ありえないだろうってものもありましたが)人によってギターやエフェクターも違うのに一概にこう設定すればいいなんてものはありません。それで済むならアンプにつまみなんかいらないでしょ。
あとYah○o知恵袋の回答にも的外れなものが沢山ありますので注意してください。もちろん正しいことを言っている人もたくさんいますが、素人が質問してそれに素人が応えて素人がベストアンサーを選ぶわけですから間違った情報の拡散につながってしまう例も多くあるわけですね。

話がそれてしまいましたがまずはクリーンの音作りの重要性を皆さんに理解していただきたいです。
クリーンの音ということは多くの場合何のエフェクトもかけてない状態のことだと思います。
このなにもエフェクトをかけてない音をドライ音とも言います。ちょくちょくエフェクターの取扱説明書にも出てくると思いますので覚えておいて損はないですよ。
で、このドライ音なんですが建物でいう土台の部分なんですね。
土台がしっかりしていなかったらどんなに良い建材(エフェクターやギター)を使っても良い家(音)はできませんよね。
ですからまずはアンプのクリーンでしっかりした音を作る必要性があります。

言い換えればクリーンの音がしっかり作れれば歪みの音まで自然と良くなります。


では具体的にどうすればいいのかという話に移りましょう。

まずはGainを12時以上まで上げること。
ここまであげてやっとアンプ本来の音圧が出てくるようになっているらしいです。
試しに同じくらいの音量になるようにVolumeで音量をコントロールしつつGain上げ目とGain下げ目の設定を両方試してみてください。
後者は音が細くなってしまうはずです。
もし出力の大きいギターでこれで結構歪んでしまうようなら少しGain を下げてもいいと思います。
でもクリーンでも多少歪んでクランチに少し近づいている方がバンドサウンドには馴染みやすいです。
レコーディングなどの場合はまさにクリーンっていうような音を狙った方が良いかもしれませんが。
ちなみにボリュームのつまみも12時を超えないと本来の音圧が出ないという話もあります。
これはその音量でも大きくなりすぎない環境なら意識してもいいと思いますがまずは音量バランスをちゃんととるのを優先した方が良いでしょう。

そして次のコツはEQを適正な設定にすることです。
といってもこれってすごい難しいんですよねGainだなんだ以上にその人が使っている機材に依存するので。
EQの場合これが正解とは言えないのでEQの設定の仕方のコツを教えます。
欲しい音域を上げていくやり方っていうのはなかなか耳が慣れている人じゃないと難しいので簡単なやり方はこうです!
まずはEQのつまみをすべてMaxにします。(つまみがマックスな状態をフルテンといいます)
そして出すぎているなと思う音域を少しずつ削ります
例えば耳に痛い音になっていたらpresenseやtrebleを削ります。逆に音がモワモワしている感じがしたらbassを削ります。
このやり方なら失敗することが少ないです。
EQのつまみの失敗例によくあるEQのつまみがほとんど上がっていないというのも回避できます。
またこのやり方でもなんかよくわからないなぁと感じるならバンドで合わせながら調整してみましょう。
合わせながらの方が自分のギターの音のうるさいポイントがわかりやすいと思います。
例えばギターの芯になる音はあんま聞こえないけどピッキングノイズは目立つなぁと思うならpresenseを下げてmiddleを上げるというような具合です。

さてこれで基本的なクリーンの設定は以上です。
これさえできればそれなりの音はなっているはずです。
でもクリーンのカッティングがうまくいかないというならコンプレッサークリーンブースターの導入を考えてもいいかもしれません(代表的なペダルのリンクが張ってあります)
コンプレッサーは各音の音量差を抑えるエフェクターです。
つまり均質に音を鳴らせるということですね。
クリーンブースターは歪ませずに音量をブーストしてくれるエフェクターです。
音が一回り太くなったり煌びやかになる効果があります。多少のコンプレッション効果もあります。

後はカッティングはやはりプレイヤーの技術次第で良い音で鳴るかどうかがはっきり変わるので練習も大事だと思います。
カッティングのコツとしては音を鳴らす時とミュートする時をはっきりわけて歯切れよく鳴らします。

やはり音作りの話題も最終的には技術に落ち着いてしまう面がありますね。
やはり音作りで最も大事な面は指先だと思いますので音作りと一緒にみなさん技術の向上も頑張ってください。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

取り上げてくださってありがとうございます!
バンドの練習があって、クリーンの音を作ってから、BD-2を使って歪ませているので、とても参考になりました!
カッティングをうまくなれるように練習も欠かさずしたいと思います!
音作り初心者 at 2014/06/05(木) 12:17 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://guitarsoundmaking.blog.fc2.com/tb.php/11-9d19d512
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © ギタリストのための音作りブログ All Rights Reserved.
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。