ギタリストのための音作りbot(@gt_sound_making)の中の人のブログ。ギターのバンドの中での音作りに関することやバンド全体での音作りやおすすめの機材紹介などの記事を書きます。中の人はバンドでギターを弾きつつPAとしてライブハウスで働いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歪みエフェクターとブースターとボリュームペダルと

こんにちはまたらんです。

今日は歪みとボリュームについてです。
歪みエフェクターの基本的な使い方を説明します。(記事内の歪みエフェクターという言葉はアンプの歪みとも変換できます)

例えばですが、歪みの音色の音量を下げてというとギター本体のつまみを下げる人がたまにいますがそれだと音量は下がりません。

なぜなのでしょう??

まず理解しないといけないのはエフェクターなどは後ろにつないだものの効果が強く出るということです。

もし歪みエフェクター空間系エフェクターをそれぞれもっていたら順番を入れ替えて音を比べてみてください。

空間系の後に歪みを繋ぐとエフェクト音ごと歪むので音が濁った印象

逆に
歪みの後に空間系を繋ぐと歪みの音に空間系のエフェクトがかかるのでクリアな印象
になると思います。




さてもう一つ。
歪みエフェクターは音量を一定にする機械だと知っていればなぞは解けます。
歪みエフェクターというものは音量を一定にする過程で歪むのを利用しているんですね。
つまり音量を一定にするわけですから多少入力される信号のレベルが変わっても音量は変わりません、代わりに歪む量が変わります。
つまり簡単に言うとギター本体のボリュームは歪みエフェクターにつないでいるときは歪む量のコントロールだということです。


つまり音量を変えようと思ったらエフェクター自体の音量かアンプの音量を設定しないといけないわけですね。
音量の調整についての細かい説明はこちら




さてさらに歪みと組み合わせて使うボリュームをコントロールするエフェクターを2種類紹介します。


ボリュームの操作を足元でできるようにしたのがボリュームペダルです。


これを使いこなせると歪みにさらに強くなれます。

まず先ほどの説明を理解していればわかる事なのですが
ボリュームペダルは

歪みエフェクターの前に置けば歪みのコントロール
つまり歪みエフェクター一つでクリーンからディストーションまで出せてしまうように

歪みエフェクターの後ろに置けば音量のコントロール
つまり足元でバイオリン奏法ができたり、ソロの時に音量を上げたりができるようになります。

このあたりの使い方は好みですが主に前者で使っている人が多いです。(たまに両方にボリュームペダルを置いている人もいます。)



次はブースター


こいつは音量を上げるエフェクターです。

これも歪みエフェクターの前か後ろにつなぐかで効果が変わります。

前につないだ場合は歪みが上がります

後ろにつなぐ場合は音量が上がります




このあたりをよく理解せずにつかっていたという人いませんか?
せっかく持ってるならポテンシャルを引き出す使い方をして上げましょう!!

何か質問があればコメントどうぞ!!



スポンサーサイト

こないだの音作りでめっちゃいい音出来たからこの設定で完璧!!なんて思ってる人は音作りが下手だ。


こんにちはまたらんです。
随分棘のあるタイトルで書かせていただきましたがそれくらい重要なことなので知っておいてほしいことです。

例えば先輩の音作りのうまい人に自分の音を見てもらってスタジオとかで音作りを手伝ってもらうことがあるでしょう。
その姿勢は非常に重要です。
自分より知識がある人に教えてもらうことでさらに高いレベルに行けるというのはどの分野にでもあることです。
しかしながら音作りという面では教えてもらったことをちゃんと理解しないまま理解した気になることが非常に多くあります。
なぜそうなるのかというと音作りは表面上ではアンプやエフェクターのつまみを見ればその通りに真似できるからです。

でもこれって落とし穴なんですよね。

例えばそのつまみの設定をそのままにライブでやったとしましょう。
それではそのスタジオで作った音作りの音は出ません

もしそのスタジオと全く同じ環境でライブをやるならそれでもいいでしょうがそういうわけではありません。
非常に多くの要素で音は変わります。
例えば、広さや壁、床の素材、その日の気温、湿度、お客さんの入り具合、お客さんが来ている服etc...
それに加えて同じ種類のアンプを使ったとしても個体差やスピーカーのへたり具合なんかで音は変わります。
ましてや低音なんかは音量で聞こえる具合が大きく変わります。
これじゃそのスタジオで作った音作りと同じ音を出すのは不可能ですね。

じゃあ音作りをする必要はない?
そんなことを言いたいわけではないんです。


音作りの際に覚えるべきはつまみの位置でなく音そのもの
とそういいたいわけです。
耳で音を覚えてそれをそれぞれの環境で最適な音に近づける。
それをちゃんとやりなさい。
そうでなきゃいつまでも音作りが下手だといわれ続けます。

マルチエフェクターを使っている人なんか毎回音を調整しない人がいますがそれじゃダメ。


毎回毎回を良い音を鳴らそうとしていれば自ずと音作りはうまくなりますよ。

エレキギターで太い音をだすには

こんにちは、またらんです。

さてギターで太い音というとどのような音を想像するでしょうか。
おそらく多くの場合厚みがあってパンチがある音のことだと思います。

そして太い音を求めるプレイヤーはメタルやメロコアなんかのラウドよりなバンドが多いのではないでしょうか?
そのような音楽の音作りをする際に気を付けなければいけないことをちょっと書かせていただきます。

まずは1つめ
厚みのある音を出そうとしてひたすらに低音を出そうとしていませんか?
太い音を出すにはまず音がこもってはいけません。
厚みを出すために低音も重要な要素ですが低音ばかり出してしまうとこもった音になってしまいます。
そうすると音が前に飛んでこない(低音は広がってしまいやすく低音域に行けばいくほど人の耳に届きにくくなります)。
またベースの音とかぶって互いに打ち消しあってしまいます。
(この点に関してはこちらの記事でより詳しく→音圧のあるバンドってどんなバンドか説明できますか?
ある程度適度にローを捌いてミドルやハイを出すようにしましょう。


そして2つめ
とにかく歪ませまくってやいませんか?
これもやっちゃいけないポイント。
歪ませれば歪ませる音は細くなりやすくなります。
歪ませていくほどに音の芯はなくなっていってしまいます。
芯がなくなるとペラペラの音になってしまいます。
できるだけ最低限の歪みで済ます。(ジャンルによっては歪ませる方が重要な場合もあります。)
あとはアンプでクリーンの音をちゃんとした設定で作ること。
これに関してはこちらの記事をご参考に。
詳しく書いてあります。カッティングの音作りに対する回答ですがカッティングに限らずすべての音作りに対していえることを書いてあります。
クリーンの音作りがちゃんとできなきゃ高いギターやペダルを使う意味はない


というわけでこれさえできればある程度太い音は出るはず!
というわけで何か質問などあればお気軽に。

スポンサードリンク

Copyright © ギタリストのための音作りブログ All Rights Reserved.
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。