ギタリストのための音作りbot(@gt_sound_making)の中の人のブログ。ギターのバンドの中での音作りに関することやバンド全体での音作りやおすすめの機材紹介などの記事を書きます。中の人はバンドでギターを弾きつつPAとしてライブハウスで働いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音色ごとの音量の調節の仕方

PAの仕事をしていてギタリストの音作りで色々とこまる時がありますがその中でもよくあるのが音量差の問題です。

要するにエフェクターを切り替えたら音量が大きく変わってしまうということですね。

ギターソロとかで音量を大きくしたいとかならいいんですけどそういうわけでなく音量のバランスが取れていないことが結構多いです。
あと不思議なんですけどこういう風になってる人って意外と無自覚なことが多いです。
自分は大丈夫かなって思った人はリハ時とかにPAさんにこの音色とこの音色ってだいたい同じ音量になってますか?って聞いてみましょう。

さてじゃあ音色ごとに音量が変わってしまっている場合どういうデメリットがあるのか見てみましょう。
極端な例で行きますが
メインの歪みの音とギターとボーカルだけになるパート用のクリーンの音ギターソロ用の音の3種類を使うとしましょう。
そして音量が
クリーン>メイン>ソロ
になってしまっているとしたら
ギターソロは聞こえないしボーカルとギターだけになったところでいきなり爆音になってしまうわけです。
これじゃ曲の抑揚もくそもないですよね。


さて、ではどうやって解決すればいいのでしょう。

3種類のパターンがあると思いますのでひとつづつ説明します。


①アンプの歪みとクリーンを切り替える場合

マーシャルのアンプやなんかをフットスイッチで音色を切り替えて使う場合です。
これはさして難しいことはありません。
各チャンネル毎のボリュームを切り替えながら弾き比べて同じくらいにすればいいだけです。
(アンプによってはどうしても無理だったりする場合があります。例えばPeaveyの5150Ⅱなんかはクリーンとクランチチャンネルのボリュームとゲインが独立していないためどうしても音量差が出てしまいます)


②マルチエフェクターの場合

これもさほど難しくはありません。
パッチごとの音量を①の場合と同じように統一すればいいだけです。
(後述するコンパクトエフェクターのような調整の仕方が必要な機種もあります。)
ただ、マルチの場合はそもそもプレイヤーがマルチエフェクターの使い方をわかっていないことが多いです。
自分の機材なんだから使いこなせるように説明書とにらめっこしましょう。


③コンパクトエフェクターの場合

最後の一つです。
これが①と②に比べて少しややこしい。
アンプをクリーンにしてコンパクトエフェクターで歪みを作る場合を例にとってみましょう。
例えばクリーンに比べて歪みにしたときの音量が小さかったからといってアンプ側で音量を上げてしまうとクリーンの音量ごと上がってしまうので音量差は改善されません。
なにかのエフェクトをかけてるときの音量を弄りたいならばそのエフェクトをかけているエフェクターの音量を弄りましょう。
そうやってアンプのクリーンの音量を基準にエフェクターが複数あるならひとつづつ音量を設定していけば大丈夫です。

しかしここで一つ注意しないといけないことがあります。
複数の歪み系エフェクターを同時にかける場合後の方でかけているエフェクター(アンプの歪みも含む)の音量が反映されてしまいます。
なのでブースターなどで音量を稼ぎたい場合は歪みの後にブースターを繋がないといけません



あとは各々の機材によって①~③の複合になるでしょう。
スポンサーサイト

抜けりゃいいのか!?

いやはや更新が滞ってしまって申し訳ないです...

というわけで記事を更新していきますので!

さてこちらの記事でギターの音を抜けるようにするにはということを書きました。

でも抜ける音を作れるだけではまだまだ半人前です。
いつでも抜けりゃいいってもんじゃないぞというのが今回のお話。

まず抜ける音ってのはどんな音なのかというと他のパートの音と混ざらない音ということです。
ギターソロで他の音と混ざってしまったらソロなのによく聞こえなくなってしまいますよね。

じゃあ逆は?

つまりギターソロでサイドギターの音が抜けていいの?って話です。

混ざるべきバッキングの音が混ざらなかったらいけませんよね。
もちろん歌の裏のバッキングでも同じことが言えます。

抜ける音を作る時には本当にただ抜ける音を作ればいいのか考えましょう。
そこを考えられるようになるだけでまた一歩成長できますよ。

続ドラマーのための音作り

さて、なぜかまたもやドラマーに向けて書きます(笑)
ギタリストのみなさんは怒らないでください。
他の楽器のことも知っているってのは大事なことですから。

さてちょっと叩けるドラマーのみなさんは前回の記事で疑問に思ったことはありませんか?
ドラムの音作りと言ったらこれだろってものが抜けている気がしませんでしたか?
今回はそれについて書きます。

さてみなさんその正体はわかりましたか?


そう、チューニングです。


みなさん色々な音の好みがあるでしょう。
意外とドラマー以外にはわかってもらえなっかたりするものかもしれませんが。

で、このチューニングに関して、ライブハウスでリハの前や転換時にその好みの太鼓の音にしようとしたり、こっちの方が鳴りがいいからといじる人って結構いますよね?
これってNGなんですよ。

なんでかっていうと理由は二つあります。

ひとつは生音で気持ちいい音とスピーカーを通して気持ちいい音は違うという理由

もうひとつはもともとのチューニングの状態に合わせてPA卓で音作りがされているからです。

もちろん先にリハーサルをやったバンドはその前の状態でリハーサルをやっているから音も変わってしまいます。
他のバンドに対する配慮という点でもチューニングは安易にいじるものではないですね。

あとはそのチューニングをいじる人の耳が信頼できるものかわからないことも多いというのがPA的な不安要素でもあります。
まぁこの人がやればひどいことにはならないだろうという人ならまだしもチューニングをぐちゃぐちゃにされると困ってしまいます。
本番中にMCに割って入ってチューニングを直しに行くわけにもいきませんからね。

もしタム類のチューニングをいじるならPAにいじっていいか確認すること。
バスドラはタム類以上に難しいのでいじらないこと。
低音は上の音域に影響を及ぼすのでバスドラの音がめちゃくちゃになるとバンド全体の音がめちゃくちゃになります。

バスドラの音に関しては固くしたりはPA卓でいじれますんでそっちにまかせましょう。
もし音に要望があればPAに伝えること。
あとバスドラに関しては思い出したことを一つ。
バスドラとタムやスネアが触れないようにしましょう。
そうすると振動が他の太鼓に伝わって音が無駄に伸びてしまいます。

とりあえずドラマーはこれらのことに気を付けましょう。

スポンサードリンク

Copyright © ギタリストのための音作りブログ All Rights Reserved.
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。