豆知識など、ギタリストのための音作りbot(@gt_sound_making)の中の人のブログ。ギターのバンドの中での音作りに関することやバンド全体での音作りやおすすめの機材紹介などの記事を書きます。中の人はバンドでギターを弾きつつPAとしてライブハウスで働いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジオに入ると下手になる!?

さて、なかなか挑戦的な記事タイトルですが皆さんどう思われるでしょうか?
練習はたくさんした方がいいだろ!だとかスタジオで練習するなっていうのか!っていうような声が聞こえてきそうですね。
ここで僕が皆さんに伝えたいのはスタジオに入って下手にならないようにする練習スタジオの選び方です。

みなさんはどんな基準で練習スタジオを選んでいますか?
安いからとかきれいだからとかスタッフのお姉さんがかわいいからとかいろんな理由があると思います。
では下手にならないためにはどのような基準でスタジオを選べばいいのでしょう?

まずはひとつの基準は音の響き方です。
スタジオに入ってまずスネアを一発叩いてその音がどのように部屋に響くかを聞いてみましょう。
よく反響して音が伸びるような感覚の部屋と全然部屋に響かなくてデッドな感触な部屋とがあったらどっちを選ぶのが正解でしょうか?
正解は音が響かない部屋です。
意外でしたか?
じゃあなんで音が響く部屋はダメなんでしょうか?
音が響く部屋だと実際にはスカスカになってしまっているところも残響音のせいで気にならないで聞こえてしまうんですよね。
音がごちゃごちゃしちゃってしまっているせいで自分たちの粗に気付けない。
だから自分たちはちゃんとできているような気になってどんどん下手になっていく。
そのようなスタジオでばかり練習してたバンドがデッドな音質のスタジオやライブハウスでやった時に急に自分たちが下手になったように思うのって意外とよくあることなんですよね。多分みんな原因に気付いてないと思うけど。
今日は音作りが納得いかないだとか今日はなんか調子が悪いねなんて言って納得しちゃう。

ちなみに音が良く響く部屋は狭かったり床が板張りだったり壁のうち鏡が占める面積が広いことが多いです。
逆にデッドな音質の部屋はそれなりの広さがあって床が絨毯などで壁は防音材等が張られていることが多いです。

もう一つの基準は最適なセッティングがしやすい部屋かどうかです。
じゃあ最適なセッティングとはなんなんでしょうか?
簡単に言うとちゃんとモニタリングができるかどうかです。
モニタリングとはメンバーみんなの音を聞くことですね。
つまりメンバーみんなの音がちゃんと聞こえるようにできるかどうかってことです。
メンバーの音も聞こえないのにみんなで合わせったって意味ないですよ。
ちゃんと合ってないのに合った気になって自分たちの問題点を放置し続けていけばそれが悪い癖になって直せなくなります。しかもそれに気付く耳も一緒になって衰えていく。そうやって下手になっていく。
つまり下手にならないようにするにはみんなが互いの音や自分の音を聞きやすいようにアンプの向きやなんかを調整できるスペースがなかったり、スピーカーの向きを変えられなかったりするようなスタジオで練習するのは避けた方がいいってことですね。

デッドな音質の部屋を選ぶ
ちゃんとモニタリングができるようにセッティングができる部屋を選ぶ
この二つの基準でスタジオを選べばスタジオに入るたびにメキメキバンドの演奏力は上がるでしょう!!
スポンサーサイト

スポンサードリンク

Copyright © ギタリストのための音作りブログ All Rights Reserved.
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。