機材の使い方など、ギタリストのための音作りbot(@gt_sound_making)の中の人のブログ。ギターのバンドの中での音作りに関することやバンド全体での音作りやおすすめの機材紹介などの記事を書きます。中の人はバンドでギターを弾きつつPAとしてライブハウスで働いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかってないと6桁の弁償も?!アンプとキャビの正しい繋ぎかた

たまにスタジオに入った時などにギターアンプのキャビネット(スピーカー部分)からの出音がおかしい、片側しか鳴っていないという時が多々あります。

こういった時はアンプとスピーカーの接続の仕方が間違っていることが多いです。

もし自分が使用中に故障してしまった場合弁償といったことになってしまうこともあるので正しい繋ぎかたを理解しておきましょう。

まず基本的なマーシャルJCM900とJCM2000との繋ぎ方についてですが【アンプ側が左、スピーカー側が右】と覚えている人が多いと思います。


20150831064358.jpg

JCM2000との接続の例

これで半分正解なのですが時折キャビ側についているつまみがSTEREO側になっている場合があります。【MONO側が正しい位置です】

そうなってしまっていると片側のスピーカーからしか音が出ないうえに抵抗値に問題ありな状態になってしまいます(詳しくは後述)。

これが間違っている場合過剰な発熱、アンプの故障につながります。

20150831064415.jpg


スタジオによってはこんな風に4Ω側が塞がれていたりします笑

人によってはこうなっていると困ります!(この理由も後述)



どうしてそうなのか、またどうしてそのつまみが変わっていることがあるのか(どういった人がそこの設定をいじるのか)を以下に書きます。

まず、その説明に必要なものとしてオームΩで表わされるインピーダンスというものがあります。

ざっくり抵抗値のことだと思ってくれていればOKです。

上の画像でもそれぞれのジャックのところに16Ω、8Ω、4Ωとあります。それのことです。

電子機器やオーディオ機器などすべての電気信号の入出力には必ずインピーダンスが存在します。

信号を出す側(アンプ等)には出力インピーダンス、受ける側(キャビネット等)には入力インピーダンスがあります。

基本的には入力インピーダンスは出力インピーダンスを下回ってはいけません。

つまり入力インピーダンス≧出力インピーダンスとなるということです。

そしてここが重要なのですがギターアンプ(正確に言うと真空管アンプ)の場合表示されているインピーダンスと一致したアンプ、キャビネットを使わないとそれだけで故障の原因になります。

ギターアンプは入力インピーダンス=出力インピーダンスでないといけないのです。

つまりアンプ側のΩ数とキャビネット側のΩ数が一致していないといけません。

なのでアンプの16Ωとキャビネットの16Ω(MONO)を繋ぐのです。

つまみがSTEREO側になっていると入力インピーダンスの数値が変化しますのでそこをよく注意してもらいです。

またなぜSTEREO側になっていることがあるかというとラックエフェクターなどはステレオ出力の物が多くあるからです。

しかしSTEREOになっていると通常の使用の仕方をする場合故障につながるのでよくチェックしましょう。



ということでインピーダンスなどといった話になるとそれだけで拒絶反応を起こしてしまう方もいるのでかなりかみ砕いて書きました。

また今度さらに詳しく書かせていただきます。
スポンサーサイト

機材が壊れたぁぁっ!!って騒ぐ前に。~機材トラブルのよくある原因解説~

こんにちはまたらんです。

今回はスタジオに入った時やライブの時に
あれっ??音が出ない!?
ってなったときに確認すべきことを書きます。

よく
(ダメだ壊れちゃってるこれ...)誰かギター貸してくださ~い!!

ってなったり

今日はアン直(エフェクターを使わずにアンプだけでやる事)でやるわ

ってなることが多いですが実はそんな風にする必要なかったってこと結構多いです。
なのでまず機材トラブルかな?って思ったらこれから書くようなことを確認してみましょう。





・シールド、パッチケーブルの甘挿し

よくあります。
シールドがちゃんとつながってないので音は出ないですね。
まずは音が出なかったらシールド類がギターからエフェクター、アンプまでちゃんとつながってることを確認しましょう。





・アダプターの甘挿し

これも結構あります。
このエフェクターが付かないんだけどこわれたかなぁって。
電源が繋がってなければスイッチは入りませんよね。
まず、シールド類を確認したら全部のエフェクターのスイッチをオンオフして電源が繋がってるか確認しましょう。





・アンプの電源が正しく入っていない

これも基本的なものですが意外とよくあります。
そんなの気付けよ!!と思うかもしれないですけど真空管アンプだと結構あります。
真空管アンプの場合ほとんどのものにパワースイッチとスタンバイスイッチが付いています。
パワースイッチが入っていると大体の場合スイッチが光るのでパッと見電源が入っているように見えますがスタンバイスイッチがオフになっていると音が出ません。




・アンプ、エフェクター、ギターのボリュームが上がっていない

これも基本的なことですが意外と見落としがちなのでよく確認しましょう。




・インプットアウトプットが複数あるエフェクターで挿すところが間違っている

ディレイなどではLRがあったりして対応するところにちゃんとつながないと音が出ないことがあります。
またエクスプレッションペダルのインプットがあるタイプのエフェクターではそこに間違えてシールドを挿していないか確認しましょう。




・ピックアップセレクター、ボリュームのつまみなどのガリ

ガリの影響で音が出ないこともあります。
上に書いてあることをすべてチェックしてもダメならボリュームのつまみを何度も回してみたり、ピックアップセレクターをがちがち切り替えてみましょう。
そうするとガリが取れて音が出るようになることがあります。




・スピーカーケーブルがささっていない

マーシャルJCM900などのヘッドアンプとキャビネットが独立しているアンプの場合起こりえます。
ライブの場合前のバンドの人が持ち込みアンプだったりする場合良くあります。
アンプからスピーカーにつながっていないので音が出ません。
繋がっていない場合でもつなぎ方に機械的な決まりがあるので知識のない人はスタジオやステージスタッフに報告して直してもらいましょう。





ざっと思いつくところでよくある原因はこんなところでしょうか。
他にも何かあれば追記します。

空間系エフェクターって何?

さて前回の記事で歪みエフェクターの種類の違いを見てもらいました。
今回は歪み以外のエフェクターを紹介させていただきます。
実は空間系とはよく言いますがそれを指すものは割と人によって違います。(笑)
とりあえずここでは揺れ系といわれるエフェクターを紹介します!
また前回の記事同様各種の定番ペダルと動画で紹介させていただきます。

この揺れ系エフェクターうまくかければ非常に効果的なんですがかけすぎるとくどくなってしますので注意です!

コーラス

よくクリーンめのアルペジオにかけたりします。あとはベーシストにとってはスラップ時に薄くかけるやり方も定番だと思います。
定番のアンプJC-120に搭載されたものが元祖です。

カート・コバーンの愛器だけあって最初の単音弾きにコーラスをかけた音はNirvanaぽいですね


フェイザー
BOSS / PH-3 (Phase Shifter)

BOSS / PH-3 (Phase Shifter)
価格:11,880円(税込、送料別)


パイプオルガン等に使われている回転しながら音を出すスピーカー、ロータリースピーカーの音をギターで再現するために作られたエフェクター。
怪しさやさわやかさを表現できますね。
個人的にはギターソロとかでかけても面白いですね。



フランジャー
BOSS Flanger BF-3

BOSS Flanger BF-3
価格:12,960円(税込、送料込)


歪みエフェクターと併用するとジェット機のサウンドになります。
結構よくつかわれてます。



トレモロ

【即納】【送料無料】 BOSS TR-2 【トレモロ】

【即納】【送料無料】 BOSS TR-2 【トレモロ】
価格:9,720円(税込、送料込)


音量を上下させるエフェクター。
強くかければロキノン系なんかでたまに聞く単音弾きに使えそうなサウンドに。
浅くかければサーフミュージックっぽいさわやかなサウンドに。
他の揺れ系と違って強くかけても音程感がなくなりません。



以上が揺れ系エフェクターです。
どれも効果的に使えば演奏にメリハリが付けられますのでなにか自分たちのバンドの音にパンチが足りない時に使ってみるといいかもしれません。

歪みエフェクターの違いを知ったら機材トークができるようになりました。

少し突っ込んだ話題が多かったですが基本的な話もしていくようにしようと思います。
とくに音作り初心者の方に向けた内容になります。

自分も最初ギターを始めたばかりのころはエフェクターなんて何のことだかよくわかっていませんでした。
ディストーションとかオーバードライブとか何のことだかさっぱりでよくわからずにマルチエフェクターを買ってみたけど使い方が良く分からずにしばらく放置していました。

まずは歪みエフェクターってそもそも何なのか。
歪んでいる(ドライブ)サウンドはおそらく一般的にエレキギターの音と言われて想像する音でしょう。
ギュワーン!!!!って感じの音です(笑)
簡単に歪みエフェクターの違いを見ていきましょう。
文字で説明しても分かりづらいと思うので代表的なエフェクターとその試奏動画を張りますので比べてみてください。



オーバードライブ

マイルドで低ゲインな歪みです。


ディストーション

PROCO RAT II 【 RAT2 】

PROCO RAT II 【 RAT2 】
価格:7,980円(税込、送料込)


よりハイゲインなサウンドです。ラウド系などで使うならこっちでしょうね。


ファズ

潰れたようなサウンドが特徴です。




以上が代表的な歪みエフェクターです。
これからも解説していきますのでよろしくお願いします。

スポンサードリンク

Copyright © ギタリストのための音作りブログ All Rights Reserved.
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。